失敗しない販売管理システムの導入

費用対効果に見合う導入コストにする

一般的にシステム投資のガイドラインは、本当の意味で競争力を維持するためには粗利益の5%が必要と言われています。

例えば従業員30名規模の機械工具商の場合、年商15億円、粗利益率15%として粗利益2億2000万円ですから、毎年約1000万円のシステム投資が必要な計算となります。

毎年1000万円ということは、人件費を除外するとシステムそのものにかけられる費用は毎年約500万円が上限ということになります。

例えば従業員30名の機械工具商社の場合で、端末台数25台として5年リースとして、年間経費500万円、つまり毎月のリース費用(保守費用込み)で約40万円/月というコストが適正なコストということになります。

機械工具商社向け 販売管理システム 「業務革命」 なら、このコスト要件を十分に満たした上で、

  • 業務効率改善
  • 業務の残業時間を削減
  • 営業マンの稼動向上

を実現し、業務スタッフ2名分以上の働きをしますから、
人件費60万円/月として、

  • 導入効果-費用=利益
  • 60万円×2名-40万円=80万円

と、毎月80万円の利益を生み出すことになります。

年間新規開拓50社を達成!本にも取り上げられたK・マシン㈱(京都:機械工具商 従業員27名)で実際に運用されている「業務革命」を、見学することができます。ぜひ一度、見学にお越しください。

 

見学希望・資料請求

機械工具商社経営ニュース 過去のバックナンバーはこちら

業種別・業界別 販売管理システム 業務革命
機械工具商社向け販売管理システム 業務革命 詳しくはこちらをクリック
Web誌上セミナー稼ぐ組織をつくる管理職の為のリーダーシップ学 船井総合研究所シニアコンサルタント片山和也氏による特別Web誌上セミナー

【第48回】チーム営業とは何か

>> 過去のセミナーはこちら


講師:船井総合研究所 片山和也氏
【機械工具商社経営研究会】
【無料お試し】参加はこちら!!

無料FAXニュース機械工具商経営ニュース購読のお申し込みはこちら


販売管理システム活用でお困りの方はこちら


 

ページトップへ